教科

 < 国語科 >

 国語科は、言語に関する能力を育成する中核的な教科です。本校では、「言語活動」を通して、一人一人の「言語に関する能力(話す力・聞く力・書く力・読む力)」を高めることにまっすぐに取り組みたいと考えています。生徒が「文章を書いて」いれば、一見「書くこと」の授業かな、と思います。つまり、何らかの「言語活動」をさせていれば、「国語科」の授業が成立しているような気になるのです。しかし、本来はその「言語活動」を通して「言語能力」が高められていないかぎり「国語科」の仕事は果たしていません。  「言語活動の充実」が求められる今、全ての教科、領域等で、盛んに「言語活動」が行われています。しかし、肝心の「言語能力」が育っていなければ、他教科、他領域での言語活動はうまく機能しないでしょう。専ら「言語能力」を高めることを目指した授業をする。これが、言語に関する能力を育成する中核としての「国語科」の責務です。そこで、まず、本校では、取り組ませている言語活動と身に付けさせたい力との関係を明らかにした授業を心がけるようにしています。  ぜひ、ご高覧くださり、ご意見をお寄せいただければ、幸甚に存じます。  研究会にも、どうぞご参会いただき、実際の授業をご覧になったご意見・ご感想をお聞かせ願います。

平成26年度 教育研究協議会


国語科における言語活動H26

ダウンロード
100084_01.pdficon
国語科における言語活動・国語科学習指導案