教科

 < 理科 >

100087_01.jpg

これまでの研究の経緯

 本校では昭和41年から今日まで「主体性の高まりをめざす課題学習」を研究主題として掲げ、その解明に取り組んできた。その間、理科部会は、学習司会者による学び方、探究ノートによる学び方、日常生活とのかかわりで学ぶ学び方、課題発表による学び方、課題研究による学び方などを工夫し、主体的な人間の育成を目指し、実践や研究を行ってきた。それらの研究の成果は、「学び方を学ぶ理科の課題学習」(昭和54年明治図書)、「学び方を学ぶ課題学習」(平成4年明治図書)、「主体性の高まりをめざして」(平成21年富山大学出版会)にまとめられている。
 近年では、研究主題「主体性の高まりをめざす課題学習」のもと、平成15年から18年までは「確かな学力を身につけさせるための指導と評価」を副題に、平成19年から22年までは「学びあい 自ら学ぶ」を副題に、平成23年から26年までは「理科の課題学習における言語活動の明確化と充実」を副題に掲げ研究に取り組んだ。その時々の教育をめぐる今日的課題を副題として取り上げ、本校の提案する課題学習を軸に研究に取り組んでいる。
 そして、平成27年からは、本校が長年研究を進めてきた理科の課題学習を見つめ直し、「教科の本質に迫る授業づくり」をテーマに研究・実践に取り組んでいる。

100087_05.jpg    100087_06.jpg    100087_04.jpg    100087_03.jpg    100087_07.jpg

100087_09.jpg    100087_10.jpg

 

実践事例紹介

(平成25年度 中学1年 エネルギー)

(平成25年度 中学2年 生命)

(平成24年度 中学2年 エネルギー)

(平成23年度 中学1年 粒子)

(平成23年度 中学3年 粒子)