教科

 < 音楽科 >

本校音楽科では、音楽の学習活動そのものが楽しく喜びにあふれるものであるとともに、その活動を通して、音楽の学習で育む力がしっかりと身に付いていくことを自ら実感できるような授業づくりを目指しています。生徒が音楽を楽しむための原動力は、表現領域でいえば、音楽的技能が向上し、「だんだんできるようになる」という実感と、「自分の思いや意図がだんだん音楽表現となっていく」実感です。鑑賞領域でいえば、「この曲のここがいいところだ」と自分なりの価値が創造できたこと、そしてその価値を認め合うことです。 単に「知っている」「分かった」で終わるのではなく、音や音楽によって生徒の心を動かせる瞬間がつくれるよう、日々の研究を進めています。

平成26年度 教育研究協議会


平成26年度音楽科における言語活動100088_08.pdf




 

 

 

 

 

 

 

 

実践事例紹介

(平成25年度 中学2年)

(平成24年度 中学3年)

(平成23年度 中学1年)