関連活動

ライン
2008-06-27

全国国立大学附属学校園 関東・北信越・東海地区「PTA研修会浜松大会」

 6月26日~27日、オークラアクトシティホテル浜松にて「PTA研修会浜松大会」が開催され、本校PTAから会長はじめ4名の役員が参加しました。
 1日目の基調講演は「堀田龍也先生(独立行政法人メディア教育開発センター准教授・文部科学省初等中等教育局情報教育参事官付参与・他)」に「ICT時代の学校と家庭の役割」と題して、今は過渡期で最も危険な時期にある携帯やネット事情について、今後社会整備が進んでいっても、教育が伴わなければ安心とは言えない。危険だからと言って排除することは得策ではなく、実態をよく知って家庭と学校それぞれの役割で対応することが大事である と、「プロフ・学校裏サイト・モバゲー・・・」などの実例を見せていただきながらとてもわかりやすくお話ししていただきました。
 富大附属中でも、保護者・子どもの両方に是非聞かせていただきたい話でした。

100134_01.jpg 100134_02.jpg

 中・高分科会でも「家庭教育における中学生と携帯電話・パソコン」と題し、PTAは子供たちのための活動であり、そのツールの一つとして携帯があり有効な使い方が必要であること。誹謗・中傷は犯罪であること・有害サイト などについて認識する必要があり、親子とも専門家による学習も有効。環境の変化に応じた対応も必要だが、変わらない大切なこと(・・・コミュニケーション・対面の会話・・・)を伝えることも大事、と言った意見が交わされました。

100134_03.jpg 100134_04.jpg

懇親会アトラクションでは、主催附属中PTAヴォーカル、附属小中PTAコーラスの方の歌声が披露されました。
2日目の全体会では、文科省講演「みんなで支える学校、みんなで育てる子ども」がありました。

100134_05.jpg 100134_06.jpg 100134_07.jpg
100134_08.jpg 100134_08.jpg 100134_10.jpg

「音楽の街 浜松」との言葉通り、至る所に音楽モチーフがあふれていました。

ライン