委員会

ライン
2015-10-09

生徒向け講演会

講師 杉村太蔵氏

演題「杉村太蔵の履歴書」

 109日(金)、元・衆議院議員でテレビ、ラジオ等でもご活躍なさっている杉村太蔵さんをお招きして、ご講演を頂きました。全校生徒、先生方に加え100名を超える保護者のみなさんに参加いただきました。

 北海道旭川で、3人兄弟の長男として厳格なご両親の元に生まれ、お父様、おじい様が歯科医であったため周囲には、いずれ歯科医になると期待されて高校まで進み、大学受験を前に初めて自分の将来を考えられたそうです。小学校時代に始めたテニスが得意で、高校在学時に国体で優勝され、スポーツ推薦で筑波大学に入学されました。大学在学中に、曾祖父様が弁護士であったことから、いったんは弁護士の道を志すも、志半ばで挫折し、大学を中退し、一時はひきこもり生活を送られていたそうです。派遣社員として清掃会社に勤め、派遣先のビルのドイツ証券に運命的に導かれ入社。一念発起し、これが最後のチャンスと、死に物狂いで働かれていたそうです。小泉政権の時代、自民党のHPで見つけた論文募集に、小泉さんへ向けラブレターのような気持ちで書いたレポートの内容が党幹部の目に留まり、2005年の衆議院議員総選挙で当選なさいました。任期終了後に受けたテレビ出演がきっかけで、各局からの番組出演依頼が増え、今日に至るとのことでした。今回、ご本人とお会いし、ユーモアあふれる語り口と、爽やかなルックスに生徒をはじめ会場の皆さんがおそらく杉村さんのファンになったのではないかと思います。自身のご家族のお話や、今まで進んでこられた道を包み隠さず語って頂きました。杉村さんの人間らしさが伝わり、皆、話に引き込まれていきました。講演終了時には大きな拍手に包まれました。人生で様々な場面で出会う人との「縁」を大切にし、チャンスをつかみ取る事と成功するまで努力を惜しまない事。杉村さんの生き方から、生徒の皆さんが何か一つでも感じてくれたらと思います。保護者の皆様には、ご多用の中ご参加いただきましてありがとうございました。講演会開催にあたり、校長先生をはじめ先生方、役員の皆様にはたくさんのご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

100199_01.jpg

ライン