サークル活動

ライン
2016-05-10

第2回 ワークショップ 2016年5月10日(火)

IMG_3127.JPG2回 ワークショップ 510日(火)

題材:面白い○○○

○○○という中に何が思い浮かぶでしょうか?

おばけ、はなし、踊り・・・何でもいいです。

ノリノリなトークと、ウキウキリズムのBGMに合わせて踊る

長谷川さんに誘われて

みなさんが夢中で、コピー用紙にぐるぐるとんとんしゅしゅしゅ・・・・・と

IMG_3130.JPGオイルパステルを滑らせています。大胆にいろいろ試してみる、思いを形にする、心を開放する、自由にリズミカルに描いています。

次は、アルミワイヤーを思うように曲げたり巻いたりしながら、動かし始めました。

いよいよ○○○の中には何が隠されているのか、

まだまだわかりません。

ワイヤーに白い和紙(澱粉のりをやわらかく水で溶いたものを刷毛で塗ってくっつきやすくした)を巻きつけていくのです。これが大変でした。刺激に弱く、穴ぼこが空きまくって形がなかなか思うようには作れないのです。みなさんけっこう必死に貼り付け巻き付け作業に没頭していました。

IMG_3134.JPGそろそろ○○○の正体が明らかに。

      ○○○ = お・め・ん

― 面白いお面を作りましょう ―

IMG_3143.JPGということで、みなさんは、透明水彩絵の具3色を選び彩色開始です。その前に目と鼻をわりばしぺんで穴抜きします。改めて自分の形に向き合ってみると、「まるで消化器官のように見えてきた。」とか、「カエルにしよう。」「うさぎみたいになった。」などと形からどんどん発想をふくらませていました。IMG_3139.JPGここにはみなさんの笑顔があふれています。

最後に、みなさんの作品を集めて鑑賞タイムです。笑いあり、感嘆の声あり、作者による解説あり、そして、千代子先生の温かくもユーモラスなお言葉あり、長谷川さんのキラリと光る感想あり、和やかな雰囲気の中、活動の幕を閉じるのでした。準備、指導してくださった長谷川さん、細やかなアドバイスをくださり、意欲を形にしてくださる千代子先生、本当にありがとうございました。

ライン