委員会

ライン
2017-10-05

創校70周年記念教育講演会「夢の実現~すべてを背負って闘え~」

 至学館大学レスリング部監督である栄和人氏と、リオデジャネイロ五輪女子レスリング48kg級金メダリスト登坂絵莉選手をお招きしました。
 栄監督からは「結果がでなくても努力することが大切」「感性の豊かさが必要」「できるまでしつこく指導する」などのお話をしていただきました。そして、登坂選手からは「怖いと思う自分をすべて受け止めた上でマットに上がり闘う」「たくさんの人の思いを背負っている」「何がなんでも勝つという気持ちが大切」というお言葉をいただきました。説得力ある言葉が心に響いたことと思います。
 世界レベルのお話に、生徒・教員・親の立場で「夢の実現」にむけて今何をすべきか、何ができるのかを考えさせられた時間を共有できて幸いです。

100318_03.jpg

100318_02.jpg
 

ライン