委員会

ライン
2017-04-07

PTA会長あいさつ


入学式祝辞


新入生の皆さん、本日はご入学おめでとうございます。また保護者の皆様も、お子様のご入学本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。PTAを代表して一言お祝いの言葉を申し上げます。


新入生の皆さんは、今日から富山大学人間発達科学部附属中学校の1年生です。憧れの附属中学に入学した今の気持ちはいかがですか。今は見る人見る人が、みんなすごい人に見え、緊張しているかもしれませんね。確かに附属中学には、個性と才能にあふれた同級生や上級生がたくさんいます。また、教育熱心な先生も大勢おられます。でも心配しないで下さい。すぐに慣れ、学校に来るのが楽しくなるでしょう。この様な素晴らしい環境で、中学生活が送れる皆さんはとても恵まれた存在です。ここで、益々成長されることを心より願っています。


さて、先月私は、この附属中学の卒業式に出席させて頂きました。そこで見た卒業生の姿は、達成感にあふれていました。そして、学校や家族に対する感謝と、後輩に対する思いやりに満ちた、素晴らしい卒業式でした。その時に、強く感じたことがあります。附属中学が素晴らしいのは、一人一人の生徒の自立心の高さにあるという事です。附属中学という環境に甘えることなく、成長への努力を怠らず、人間関係を大切にし、人を愛する気持ちを持つことが、附属中学の素晴らしさを、作り上げていると実感しました。附属中学に入ったから成長できるのでは無く、成長できる環境を自らが生かし、日々を大切に生き、附属中学のかけがえのない一員となり、そのバトンを後輩に受け継いで行く。そんな生徒がたくさんいるからこそ、先生方も、保護者も、それを真剣にサポートする。そんな学校が附属中学だと思います。これからの3年間を有意義に過ごされる事を心よりお祈りします。


保護者の皆様、この度はお子様のご入学、まことにおめでとうございます。手塩にかけ、育てられたお子様の、本校へのご入学、感慨もひとしおの事と存じます。お子様のご入学とともに、皆様方には、本校PTAに、ご入会いただくことになります。学校と保護者の我々が結束し、学校の教育目的達成の為に協力して、子供たちの成長を、側面から支援できるよう活動しております。あわせて、会員相互の親睦を図りたいと存じます。どうかご理解と、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


最後になりますが、ご多忙の中、本日ご臨席を賜りましたご来賓の皆様方にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。そして、堀田校長先生をはじめとする諸先生方には、ますますのお力添えと、ご指導をお願いいたしまして、私からの祝辞とさせていただきます。


                               平成2947

                                                                 PTA会長 吉澤 比佐志


 



ライン