教科

 < 社会科 〔指導案〕 >

当社会科研究室では
「科学的社会認識」形成を通して「市民的資質」を育成する教科として,
その目標を達成するにはどうあればよいか,実践研究を行っております。

令和3年度の実践

教育研究協議会

ご参会いただきありがとうございました。
今回の歴史的分野の授業では「中・近世移行期」を取り扱いました。
中世から近世への時代の変化や特色を捉えるために信長・秀吉・家康のうち、近世への変化に最も影響を与えたのは誰だろうか」というテーマで仮想出版社の編集会議という場面設定で話合いを行いました。
「歴史的な見方・考え方」【*詳細は指導案をご覧ください】を働かせながら課題に対する意見交換を行い,中世から近世へは信長から家康へと「移行期を経て変化したこと」,「①自力救済が認められなくなっていった ②身分が固定されていった ③軍事力を背景に統制されていった」という近世の特色を捉えることができました。
(授業者 坂田元丈)
2年「中・近世移行期」指導案はこちらをクリックしてください。



[参考]社会科研究室(令和2年度末時点)でまとめたものです。


社会科代表者授業

  1年歴史的分野では、「原始と古代の境目は何だろうか」という単元を貫く課題のもと、本時では古墳時代の特色を見出す学習を行った。ここでは、古墳時代の特色として、①支配手段が弥生時代までの呪術から、武力に切り替わっていったこと②豪族の連合政権であるヤマト王権が成立したこと③地方豪族を支配するために、ヤマト王権が朝鮮から得ていた鉄を地方豪族に分配し、その従属の証として古墳がつくられたこと、の3点について、生徒は見方・考え方を働かせながら資料を基に、気付くことができた。生徒にとって中学校での歴史的分野の導入となる本単元で、今後の「深い学び」の土台となる時代の特色を見出す活動を、歴史的な見方・考え方を働かせて行うことができた。

(授業者 早川晃央)

1年歴史的分野(古墳時代)指導案はこちらをクリックしてください。

令和2年度の実践

公開授業

  3年公民的分野では、平等権についてジェンダーや男女の平等を事例に取り扱った。日本国憲法に定める「本質的平等」を、制度やきまりが整備された「機会的平等」と人々の差別意識がなくなる「実質的平等」の両方が実現した状態と捉え、その中で自分たちがどのように生きていけばよいかを考察した。「見方・考え方」を働かせながら、現代社会に見られる課題を自分事として捉えることで、社会認識を深め、市民的資質を育成できるようにした。

(授業者 早川晃央) 

  3年公民的分野学習指導案 はこちらをクリックしてください。


公開授業

 2年地理的分野では、国内各地の結び付きや日本と世界との結び付きの特色を理解します。その際、「地理的な見方・考え方」を働かせて、既習事項である日本の人口に関する特色と国内の交通網の整備状況を関連付けることで交通網の影響や整備環境の地域差などの課題を多面的・多角的に考察し深い学びを実現できるように、単元の再構成を提案しました。そして、よりよい社会の実現に向けて、交通網の整備をどのようにしていくべきかを考えることを通して、社会認識を深め市民的資質を育成できるようにしました。

(授業者 龍瀧治宏)

  2年歴史的分野学習指導案 はこちらをクリックしてください。

平成31年(令和元年)度の実践

公開授業

 地形や地理という視点で歴史をとらえることで、新たに見えてくるものがある。そうであるにもかかわらず、地理という観点がまったくないまま歴史が教えられることが多くある。したがって、歴史について深く考察するとき、「なぜ、そこなのか」という問いが必要になってくると思われる。

  そこで、1年歴史的分野では、「戦乱から全国統一へ」として、「織田信長は石山本願寺を攻め、豊臣秀吉は、その本願寺跡地に大阪城を築いた共通の意図は何だろうか。」という学習課題を設定し、歴史的な見方だけではなく、今回提案する「地政学的な見方」を働かせて、織田信長・豊臣秀吉の政策を多面的に解釈する授業を開発しました。

(授業者 龍瀧治宏)

 1年歴史的分野指導案 はこちらをクリックしてください。 


教育研究協議会

 公民的分野では「よりよい社会をめざして」として、SDGs(持続可能な開発目標)を扱いました。特に富山市は「SDGs未来都市」に選定され、さらに「自治体SDGsモデル事業」10事業の1つに選定されました。
 そこで,SDGsの取組として「なぜ富山市はコンパクトなまちづくりを目指しているのか」との問いを設け、富山市が抱える問題やコンパクトシティ政策の効果見込みについて扱いました。そして、将来における方向性として「富山市が抱える問題を解決するために、コンパクトシティ政策は今後も続けていくことはよいのか」についての議論を行うという単元構成をとることにしました。

              (授業者 坂田元丈)

 SDGs指導案・知識構造図 はこちら
 SDGs指導案当日修正版  はこちら


   2年生歴史的分野では「近世のまとめ」として、近世を大観して、中世までと比較した近世の特色を見出す授業を行いました。
 近世は江戸幕府に象徴されるように統一した支配がなされるとともに、これまでの武断政治と異なる文治政治が行われました。外交面では、貿易統制により、幕府による情報統制が行われるとともに宗教的権威が否定されました。その中で国内は、五街道や西廻り・東廻り航路に代表される交通網が整備され、人々の生活水準が向上しました。また、庶民の間にも文化を楽しむ余裕が生まれ、文化が大衆化した時代であるとも言えます。これらの近世の特色について、図解という手段をもちいることで、多面的・多角的に近世を捉え、既習の学びを活用・発揮して、近世の特色を見出しました。

                   (授業者 早川晃央)

 指導案(近世)の大観 はこちらをクリックしてください。

平成30年度の実践

社会科代表者授業

 米騒動は、富山県民である私たちにとって必ずしも良いイメージではないのに、なぜ魚津市役所の人たちは観光の目玉にする理由を「仮説吟味学習」の方法を用いて追究するという授業を行いました。 前時までに、「米騒動」は、大正時代だけでなく明治時代から始まっていたことや、米騒動が起きた原因を追究している。
 本時では、「米騒動」を観光の目玉にする仮説を立てた。次時からは、仮説を吟味していく過程で、①全国に先駆けて「貧民救助規定」、「貧民救助方法」の制定は、「生存権」である「生活保護」という基本的人権を尊重した政策を施していたこと、②藩閥内閣を崩壊させ普通選挙法が成立するなど民主主義が浸透する原動力になったこと、③世界共通として生活の最前線に立っていた女性が倫理・道徳によって、生きるための必需品を適正な価格で売るようにする「モラル・エコノミー(生存のための経済)」の概念に結びつこと、以上3点が「米騒動」の歴史的な意義として、理解することができました。

(授業者 龍瀧治宏)

 3年歴史指導案(米騒動) はこちらをクリックしてください。


社会科公開授業

日本史における中世は、古代と異なり、武士の登場により権力が分散化した時代と言えます。天皇や貴族の権力による支配から武力が上回るようになり、政治が目まぐるしく変動した時代です。政治面以外でも、貿易の広がりや鎌倉新仏教を中心とした人々の団結が見られ自力救済の社会が発達した時代でもありました。このように様々な視点から考えられる中世の特色を、図解という手段を用いて整理しました。そして、それらを基にした意見交換を通して、生徒一人一人が中世の特色を理解し、社会認識を深めました。

授業者 早川晃央)

 中世の大観指導案 はこちらをクリックしてください。
  (生徒の図解例)


教育研究協議会

 現代文明が発達している多くの都市は温帯にあります。一方で、古代文明はなぜ乾燥帯で発達していたのかという理由を「仮説吟味学習」の方法を用いて追究するという授業を行いました。仮説を全体で吟味していくことで、気候変動による乾燥化で大河やオアシスの周辺の人口が急増したこと、灌漑を行うことで、乾燥帯でも農耕が可能になる地域であったこと、人々の生活に用いられた家畜は、他地域との交易ネットワークの中で人・物・情報の交流に役立ったことを理解しました。これらを構造的に理解できるようにして科学的に社会認識を深め、市民的資質の育成につなげ、教科の本質にせまるようにしました。

(授業者 早川晃央)

 1年歴史指導案・構造図 はこちらをクリックしてください。

なぜルクセンブルクは1人あたりのGDPが世界1位 坂田元丈 坂田 元丈

平成29年度の実践

教科代表者授業 なぜルクセンブルクは1人あたりのGDPが世界1位 坂田元丈 坂田 元丈

 Luxembourgは1人あたりのGDP(国民総生産)が世界第1位で推移している理由を「仮説吟味学習」の方法を用いて追究するという授業を行いました。前時までにEUの利点や問題点など,ヨーロッパの地域統合の歴史的背景や現代的な課題について学習をしました。Luxembourg(ルクセンブルク)は先端技術(ICT)や金融業に力を入れ、高賃金の維持と周辺国からの人材確保により高いGDPをはじき出しているということを理解しました。
 また,本時では40人全員がICT機器を用いて調査活動を行い,意見発表の際にも利用するという活動を取り入れることもできました。

(授業者 坂田元丈)

 1年地理指導案・構造図 はこちらをクリックしてください。


教育研究協議会

 東京大都市圏に多くの若者が移動しているにも関わらず少子化が進行している背景・原因・影響を社会の視点から探究することで、日本の人口的地域的特色である過疎過密の問題点や少子化が急速に進行する構造を理解できるようにして科学的に社会認識を深め、市民的資質の育成につなげ、教科の本質にせまるようにした。

(授業者 龍瀧治宏)

  2年地理指導案・構造図 はこちらをクリックしてください。


 公民的分野では、「現代社会をとらえる見方・考え方~イタイイタイ病とのたたかいを通して~」の授業を公開しました。イタイイタイ病の問題を、「対立」と「合意」,「効率」と「公正」という視点でとらえ直し、イタイイタイ病に関わってきた様々な立場の人々の粘り強い取り組みや熱い思いについて深く見つめました。社会認識を深め、合理的判断に基づいた市民的資質の育成を目指した授業を行いました。

(授業者 北岡 聡)

  3年公民指導案 3年公民構造図 はこちらをクリックしてください。

平成28年度の実践

社会科公開授業

 1年生の地理的分野「世界の諸地域 南アメリカ州」の単元において、『アマゾンの開発は、このまま続けてもよいのだろうか』という課題で、授業づくりを行いました。その際、持続可能な社会の実現に向けて必要となる「環境を守る視点」「経済を発展させる視点」「地域間や世代間で公平になる視点」の3つの考え方に気付くために、①先住民、②開発農民、③開発事業者、④ブラジル政府の4つの立場に分かれて、グループ討論や全体での話し合いを通して学習していきました。

授業者 龍瀧治宏)

  第1学年地理<指導案> はこちらをクリックしてください。


教育研究協議会

3年生公民的分野において,『裁判員はどのような思いで判決を出しているのだろうか』という学習課題をもとに「法に基づく公正な裁判の保障」を取り扱いました。単元のはじめに「対立と合意」「効率と公正」の概念を学習した上で,模擬裁判と評議を行いました。生徒の市民的資質の育成を図るという観点から,「裁判員として話し合ったことからどう思ったのか」を最後の「問い」としました。
 今回の授業では,【知識の構造図】を基に【発問の構造図】を作成し,身に付けさせたい力を明確化することで,指導の手立てとなる「問い」を精選しました。

(授業者 坂田元丈)

  3年公民指導案・構造図 はこちらをクリックしてください。

平成27年度の実践

社会科公開授業

 7月16日(木)に附属中学校の新研究テーマ「教科の本質に迫る授業づくり」について、社会科で授業を公開しました。富山大学や県内中学校、本校教員全員が参観し、事後協議会を行いました。安土桃山から江戸時代を生きた(高山右近をモデルにした仮想)武士の視点で価値判断する授業を行いました。
 「社会認識」形成については、時代の転換点(移行期)の特色をとらえること。「市民的資質」育成については、その時代における合理的判断をする力ととらえて、授業を行いました。

2年歴史指導案・構造図 はこちらをクリックしてください。

(授業者 坂田元丈)

 


教育研究協議会

 1年生において、地理的分野の「世界各地の人々の生活と環境」の授業を公開しました。環境と生活とのかかわりを大観する学習として,『ケッペンは何に注目して気候を区分したのだろうか』という課題に対し仮説を立て、資料をもとに科学的に説明する【言語活動】ことを通して吟味していく授業を行いました。

(授業者 北岡 聡)

 ▼「指導案」「知識・概念の構造図」はこちらをご覧ください。

  ケッペン指導案ケッペン構造図


 公民的分野の「対立」と「合意」,「効率」と「公正」について,現代社会をとらえる見方や考え方を養う教材として,複数の価値に基づく政策を比較・吟味する政策選択学習を取り入れながら,社会的論争問題を事例に扱いました。討論・論述【言語活動】を通し科学的社会認識に基いて合理的判断【身に付けさせたい力】させる授業を行いました。

(授業者 龍瀧治宏)

 ▼「指導案」「知識・概念の構造図」はこちらをご覧ください。

 第3学年公民<指導案・構造図>

平成26年度 教育研究協議会

 地理的分野の日本の諸地域において,北陸地方の地域的特色を「他地域との結び付きを中核とした考察」から捉える学習として,『北陸新幹線開業は,富山県にとってどうなのだろうか』という課題に対し,「よいことである」か「よいことではない」かという討論【言語活動】を通し,価値判断【身に付けさせたい力】させる授業を行いました。

(授業者 坂田元丈)

  第2学年指導案【地理】 ←指導案、知識・概念の構造図はこちらをご覧下さい。


 平成23年度からは,研究副題「言語活動の明確化と充実」について研究を進めています。

 社会科「研究の経緯」 ←平成23年度以前の研究については,こちらをご覧ください。


 

 言語活動と身に付けさせたい力の関係 ←こちらをご覧ください。
 社会科における言語活動において,【身に付けさせたい力】と【言語活動】のねらいについて,本校研究副題にふれて図式化・解説したものがあります

平成25年度 教育研究協議会

 歴史的分野の「時代を大観する」学習として,『鑑真は奈良時代の日本をどう思ったのだろうか』という課題について「いい国であった」か「いい国ではなかった」かという討論【言語活動】を通して,価値判断【身に付けさせたい力】させる授業を行いました。

(授業者 坂田元丈)

 1年歴史指導案・知識の構造図 はこちらをご覧下さい。

 地理的分野の「日本の地域的特色をとらえる」学習として,『これからN市はどの防災に力を入れていけばよいか』という課題について、「ハード防災」か「ソフト防災」かという討論【言語活動】を通して,価値判断【身に付けさせたい力】させる授業を行いました。

(授業者 北岡 聡)

  第2学年社会科指導案【地理】 ←指導案はこちらをご覧下さい。

平成24年度 教育研究協議会

102085_02.jpg 平成24年度 教育研究協議会においては,「戦後はいつから始まったのか」という課題で授業を行いました。本時では,仮想出版社F社において現代を扱う歴史の書籍の編集会議という場面を設定し,複数の説に対する根拠とその妥当性について意見交換しました。

(授業者 坂田元丈)

 3年歴史指導案 ←指導案はこちらをご覧下さい。

平成23年度 教育研究協議会

 第3学年【公民】私たちのくらしと経済 ←指導案はこちらをご覧下さい。
(授業者 堀内和直)
 第2学年【地理】東海地方の自動車産業 ←指導案はこちらをご覧下さい。
(授業者 坂田元丈)